中学受験の対策の仕方について

中学受験の対策
進学実績の高い有名私立中学校に子供を入学させて、名門校と呼ばれる高校、大学へと進学して良いところに就職させたい、と親であればだれでも思うことだと思います。
そういう意味ではこの中学受験というのは大きな壁でもあります。

ではこの壁を超えてお子さまを合格者とするには、保護者としてどんな知識や指導力を身につけ、なにをどのように対策していかなければならないのでしょうか。
受験と聞くと、合格実績の高い進学塾や個別指導塾に通わせたり家庭教師をつけるなどして、テストでいい点をとらせて成績を上げるといったイメージが強いのではないでしょうか。

難関校に入るには小学校のうちから家でも勉強をひたすらさせて、偏差値を上げるために毎日勉強をさせるといったイメージもあると思います。
この指導法はもちろん正しいです。

しかし、これらを間違った学習方法で続けていては子供はなにも得られず、試験で力を発揮できないまま中学受験に失敗してしまうことでしょう。
入試で成功をおさめ志望校に合格するためには、効率よく学習させる勉強法とその内容がポイントになってきます。

それが、予習、学校での授業、復習のサイクルを基本とした学習プランです。
学校で学ぶ前に家庭学習でも塾でもなんでもよいので先取り学習をさせます。
そしてその予習を踏まえたうえで学校での授業を受けるという学習習慣をつけさせます。

そして学習内容をもう一度復習をさせる勉強方法なら、ただやみくもに問題を解かせるよりもはるかに効率が上がり、確実に学力をアップさせることができます。
中学受験をするのは小学生です。

目的もなくただ漠然とテキストの問題に解答していくだけの学習法だと、その子自身が飽きてしまう傾向が強いです。
ですから家庭においても、これはこういう目的でしている、こうういうことだから今日のうちに問題を解かなければならない、となぜやらなきゃいけないのかを、学習計画を立てながら指導してやる必要があります。
学習塾の講師や家庭教師などに進路指導を任せるだけでなく、家でもしっかりした学習方法を実践するための学習環境を整えてあげることが、合格可能性を高める指導方法であるといえるでしょう。

■中学受験のお悩み解決サイト
タイトル:中学受験情報局『かしこい塾の使い方』
URL:https://www.e-juken.jp/
子供によっては自宅学習が合っている場合と塾に通うほうが成績が伸びる場合があります。
どちらが自分の子供に合うのか、塾の特色だけでなく体験授業を受けて知っておきましょう。
体験授業を受けられる学習塾はこちらのサイトで紹介されています。