中学受験によく出題されるおすすめの本

中学受験によく出題されるおすすめの本中学受験を考えるとき受験生が読んでおいたほうがよいおすすめの本はずばり、重松清の小説本です。実際、小説文として多くの入試問題に採用されています。男子校女子校に偏っていないので、いかに中学受験の問題に重宝されている作家なのか、過去問などを解いてみた方はよくおわかりでしょう。つまり、小学校6年生で重松清の作品が読みこなせるような実力のある子が求められているということを示しているのです。重松清は幅広い世代に支持されていますが、文章は読みやすいものが多いです。主人公が小学生から中学生の年齢のものが、だいたいその年齢向けにかかれているので、よく出題される傾向にあります。読者が自分を投影させたり、共感できることも多いので、人物造形についての問題が作りやすいからでしょう。もちろん読んだ小説と全く同じものが出題される可能性は少ないですが、読んでおく価値はあります。少なくとも、この程度の文体はある程度の時間内に読みこなせないといけないということなのです。ですから、受験を意識するようになり、まだ時間がある4年生ごろから、重松清の作品にふれてみるのはいかがでしょう。もちろんただ読ませるだけではなく、読後に内容について会話をしたり、どんなあらすじだったかを教えてもらったりしてちゃんと内容を理解しているか確認することも大切です。あとで過去問を解いた時に知っているお話だったと気づかせることで、文章を読むことは無駄ではないという意識を持たせることも重要ですよ。