中学受験と習い事の両立について

伸び伸びとした小学生最近の小学生では私立の有名校・難関校への中学受験をする子供が増え始めています。将来の夢のために一般の中学校へ進学させずに有名校や難関校を合格して望みをつなげようとする受験生が大半です。そこで出てくる問題は、それに向けた学習とやっている習い事を両立できるかどうかということです。小学生でもやりたいことはたくさんあるはずです。男子であればスポーツだとか女子であれば音楽などの芸術だとか、それは人それぞれです。ですが、いざ受験となった時にそれらを辞めるべきか続けるべきかの選択が問われることになります。受ける学校のやりたい部活動に入ってたくさん活躍したいという目標があるのであればこれから両立する気になって頑張るしかない人もいれば、本当に勉強一筋でこれからの将来の自己実現を可能にしたいのであれば今やっていることを切り捨てて受験勉強で努力しなければならない人もいます。また、中学受験に向けて増えるのが塾で学習することです。家でやるよりそこで努力して進学の道をつかみ取る小学生もいます。塾に行くか行かないかはこちらも人それぞれです。大多数の人の中で頑張るか、家で静かに落ち着いてやって力を出し切るか、それによって合否が分かれることもあります。これらの点はこれからの道を左右しますので家庭での相談はとても大切です。文武両道でいくか勉強一筋で勝負するかは受ける自分次第です。しっかりこれからの教育を考えていくことが中学受験成功へのプロセスを作るカギになります。